プリン研究所 ホーム > ギフトについて
 

 ギフトについて


 

熨斗(のし)について


 日本には贈答品には『熨斗』をかける風習があります。
 熨斗の由来は、昔は薄く伸ばしたアワビを縁起物として贈り物に添えていたことからきており
 後に昆布や紙が代用されるようになりました。
 現在は簡略化され、印刷熨斗や折り熨斗(色紙を細長い六角形に折りたたんだもの)を
 使用したのし紙や祝儀袋が一般的となっています。

 熨斗紙の上段中央には表書きを記します。
 表書きの種類については下記にて説明します。
 熨斗の下部には送る側(自分や自社)の名前を書きますが、省略もできます。
 当店でよく使われる熨斗の種類や意味を解説します。
   

熨斗の表書きと名入れ


 熨斗には「御祝」や「内祝い」などの贈る目的を記し(表書き)
 贈り主の氏名を書きます(名入れ)。
 基本的には毛筆で、慶事は濃墨、弔事は薄墨で書きます。
 最近では筆ペンやサインペン、フェルトペンで書かれることも多くなりました。
 とはいえ、重要な贈り物や目上の方には毛筆もしくは筆ペンで書くことが礼儀です。
 また、自己流の崩した文字も失礼に当たりますので、できるだけ丁寧に
 楷書で書くことが望ましいです。


 表書きは、水引の上部・中央に書きます。

 名入れは、水引の下部・中央か、やや左寄りに、贈り主の姓名を書きます。
 略式で姓のみを書くこともあります。


 連名の場合は、正式には上位者を中央に、以下左へ順に連名します。
 最近は全体のバランスをとるため、真ん中にくる人の氏名を中央にすることも
 多くなっています。
 

当店でよく使う表書き

 

・御祝

 相手の方がご昇格ご昇進、ご栄転、ご結婚、ご出産等された場合に贈る
 お祝いのギフトに使用します。
 

・記念品

 団体、組織の周年記念や、グループ、サークルの解散記念、卒業記念、退職記念等
 記念のギフト等に使用します。
 『卒業記念』『卒園記念』『五十周年記念』等とシチュエーションに応じて
 使い分ける場合もあります。

 

・内祝

 自分自身のお祝い事について『御祝』をいただいたお返しとして贈るギフトに使用します。
 結婚、出産の他、『入学内祝』『就職内祝』等、様々なシーンで利用されます。
 お返しの金額は1/3~1/2程度が目安だと言われています。
 

・結婚内祝

 自分の結婚について『御祝』をいただいたお返しとして贈るギフトに使用します。
 

・出産内祝

 自分や家族の出産について『御祝』をいただいたお返しとして贈るギフトに使用します。
 

・御礼

 お世話になったお礼に使用します。

 

熨斗紙(のしがみ)について

 

・蝶結び熨斗


 

 様々なお祝い事に使用します。
 何度あっても良いお祝い事に使用します。
 
 

・結び切り熨斗


 結婚、快気、退院等、繰り返したくないお祝い事に使用します。
 

・藍銀結切り(蓮入り)


 通夜、法要時、葬儀告別式の際に用いられる形式です。
 蓮入りは仏教専用となります。
 蓮のないものはどの宗教でも使用することができます。

 弔事の場合、常温保存できるものが一般的ですので、当店ではご用意いたしておりません。


プレゼント包装

 

 現在では西洋的なプレゼント感覚で、熨斗は使用せず包装&リボンでのご利用の方が
 多くなっています。
 当店では包装時にプリンの中身が破損する恐れがあるためラッピング等は致しておりません。

 

メッセージカード

 

 ギフトと共に思いを相手の方に伝える場合、もちろんご自身のお言葉が一番喜ばれますが
 『サプライズなプレゼント』『遠く離れた方への配送によるギフト』
 『卒業記念でたくさんの人に一度に贈る』等、肉声の声かけが難しい場合もあります。
 そんな時には是非メッセージカードに思いを託しましょう。
 当店ではシーンに合わせたメッセージとモチーフをカードに印刷し、商品に同封いたします。
 但し、オリジナルのメッセージをお入れすることは出来ません。
 

・バースデーカード


  
            ブラウン                                           レッド                                              イエロー

 当店では3種類のバースデーカードからお選びいただけます。
 

 

トップへ戻る